ビオメディ 常在菌

ビオメディは常在菌に合わないの?バランスを良くとはどう言う意味

ビオメディ常在菌に合わないの?バランスを良くとはどう言う意味?

 

常在菌の種類やバランスが良くなるという意味を理解してみたいと思います。

 

バランスが悪いとなぜ肌が荒れるのか?

 

なぜバランスが悪くなるのかを調査しました。

 

常細菌が多い人の特徴

 

常在菌は誰の体にもいます。人体と共存しているのが常在菌です。

 

その常在菌は大きく3つに分けられます。

 

(日和見菌)(善玉菌)(悪玉菌)に分けられます。

 

分かりやすく表にしてみます。

        

菌種類 菌名 効果
善玉菌 表皮ブドウ球菌 保湿成分グリセリンを排出悪玉菌を抑える
日和見菌 アクネ菌 ニキビのもとをから肌を守る
悪玉菌 黄色ブドウ球菌 皮膚がアルカリ性になると皮膚炎になる

顔だけでも大きく分けて3種類の菌がいました。

 

そんな菌が常駐していると思うと少し怖いですよね・・・

 

ではこの菌たちのバランスが悪くなるとどうなるのか?

 

を調べてみました。

 

常在菌のバランス崩れたら

 

この常在菌のバランスが崩れると肌の環境はアルカリ性になります。

 

そうすると悪玉菌が増殖日和見菌も悪玉菌の影響を受け正常な働きをしなくなり

 

肌荒れを引き起こします。

 

肌が微弱性からアルカリ性に傾くことは肌に負担になってしまいます。

 

肌がアルカリ性になる原因は様々ですが、代表事例を2件上げます。

 

1、肌を乾燥させてしまう

 

2、アルカリ性の石鹸で繰り返し顔を洗う

 

などをすることで肌に負担をかけ、肌のバランスが崩れていきます。

 

常在菌のバランスを戻す

 

 

常在菌のバランス保つには肌を洗いすぎず、不潔にもせず

 

常在菌とうまく付き合っていかなくてはなりません。

 

化粧品などの常在菌のエサを流し残したりしてしまうと

 

菌のバランスが悪くなるのでしっかりとりながらも常在菌をのこして。

 

なかなか難しそうに聞こえますが、ビオメディのLG100の力を使うと

 

簡単に常在菌のバランスを保てます

 

 

このLG100は乳酸菌とオリゴ糖でできた成分で

 

肌の常在菌のバランスを助けてくれます。

 

肌の健康を守る強い味方です。

 

エイジングケア

 

そのあともビオメディに配合されている高密度の美容液

 

肌に透明感、ハリ、弾力を与えます。

 

 

ですがいくら良い成分を与えても肌の状態が悪ければ

 

しっかりと吸収しません。なので先ほど紹介したLG100との合わせ技で

 

十分な威力を発揮します。肌の奥まで有効成分を浸透させることができるのです。

 

この2つの項目で作った健康的な肌を維持をする決めてが

 

和漢植物

 

 

ビオメディはこの9種類の和漢植物を配合しており

 

良好な肌のサイクルを維持をする役割をしています。

 

この効果で美肌を維持する予防的効果を発揮します。

 

ビオメディで出来る事まとめ

LG100 で常在菌のバランスを良くする

 

健康になった肌に高濃度の美容液を浸透させる

 

和漢植物で良好な肌サイクルを維持する

 

>>>実際にビオメディを使用した人の口コミを見てみる(公式サイト最下部)